スポンサードリンク

TVアニメ「ワンダーエッグ・プライオリティ」第十一話の感想とか

おつかれさまです。今更ですけども感想とか。

明かされる過去 

今回とうとうアカ、裏アカの正体が明かされたわけですが、いままで

 

「一体誰何だよ?!」

 

というキャラふたりの人間時代のお話です。いや今でも脳だけはそのまま人間なんだけどね。だたし何故人形の身体に脳を移植したかは今回も謎のままでした。

エッグの世界 

川井リカは地下ドル時代のファン、ちえみの蘇生に成功するが、そこに現れた「ドット」ちゃんと名乗る少女に亀のお助けキャラ、万年を虐殺されてしまう。

 

万年は川井リカを庇って命を落とすが、ドットちゃんはその肉をリカに食べさせようとする。

現実の世界 

大戸アイはアカと裏アカの屋敷に入るが、裏アカに見つかってしまう。そこでふたりの昔話を彼から聞かされることになった。

 

かつてとある研究施設で働いていたアカと裏アカ。二人は閉鎖された環境での暇つぶしにひとりの少女、人口生命体であるフリルを誕生させ、三人で家族のように暮らしていた。

 

ある日、二人は保科あずさという女性と出会う。彼女とアカは結婚をし、あずさはアカの子供を妊娠するが、嫉妬心に駆られたフリルは風呂場であずさを感電死させてしまう。

 

悲しみと怒りで自分を見失ったアカはフリルを地下に閉じ込める。あずさの命と引き換えに、この世に生を受けたひまりはアカと裏アカにとっての希望となる。

 

ある時、裏アカはひまりがフリルと同じ唇を鳴らす癖があることに気づくが、その日の夜にひまりは自殺する。裏アカは地下に閉じ込められたフリルの生存を確認し連れ出す。

 

その後、アカと裏アカの二人はひまりと同世代の少女たちの自殺の原因を調査し始める。原因は様々であるが自殺にいたるもうひとつの後押し

 

「死の誘惑」

 

の謎に迫るためワンダーエッグを作り彼らの企みに介入しようとする。

なんのこっちゃ 

生き返った少女たちがどうなったのかまったく説明はなし。今回、川井リカが蘇生させた「ちえみ」もリカと接することなく消えてしまう。それが現実の世界に戻ったのか、そもそも彫像の姿から解放されて成仏?しただけなのか。

フリル 

アカと裏アカが生み出した人口生命体フリル。作中ではAIとして語られていたフリルだけど機械じゃないよね、見た感じ。なんだろう脳だけが機械なんだろうか。外観は人間そのものだけどね。

 

人工知能であるフリルが嫉妬という感情をもち、さらにそれを制御できずに暴走することはありえるのか。人間でない以上、その暴走はフリルを作り出したアカと裏アカの責任なんだよね。

 

ただふたりの人間としての甘さが、暴走後のフリルを処分することができなかった。破壊することができなかった。それが更なる悲劇を生み出すことにつながっていく。

 

死の誘惑、タナトス=フリルなのか。そして大戸アイ、青沼ねいる、川井リカ、沢木桃恵の選ばれた四人はタナトスを倒すエロスの戦士となるのか。

そもそも 

急にそんな話されても大戸アイも受け入れられないだろう。帰り道にワンダーエッグを破壊しようしとするわけですが、これからどうするのっていう。

 

そもそも彼女たちがエッグを守り切るというミッションをクリアし友達を蘇生させようとしていたこと、それがタナトスであるフリル、そしてフリルの作り出したハイフンやドットを誘き出すための餌だったのかしらね。

 

これアニメだからいいけど実写ドラマだったらリアリティを演出するのは大変だっただろうね。自由自在に世界を描くことができるアニメだからこその世界観になってまいりましたが賢明なる先輩諸兄はそのあたり如何でしょうか。

ところで

終劇の予感がまったくしないんだけど大丈夫なんでしょうか?!

f:id:siro_touch:20210209235104p:plain

引用元https://wonder-egg-priority.com/character/koito/

小糸ちゃんの件ふくめ謎が解決する気配がまったくないです。

 

モーニング娘。’21新アルバム「16th〜That's J-POP〜」の感想とか

おつかれさまです。

聴くまで 

収録楽曲を見たらシングル多め、15曲中7曲がシングル曲ということで

f:id:siro_touch:20210414232309p:plain

引用元http://www.helloproject.com/morningmusume/release/detail/EPCE-7619/

ちょっととっちらかった印象なのかなと思っていました。先行シングルの「ギューされたい~」「純情エビデンス」はまぁわかりますけども、それにしても7曲ってのは多いよね。どうせなら先行シングル以外の5曲は初回盤のおまけディスクでの収録にした方がいいんじゃないのかしらんって感じでしたね。

 

で、あとはタイトル。こういう大上段に構えてるタイトルは

 

「これがJ-POP」

 

というよりも

 

「現状のJ-POPに対するアンチテーゼ」

 

っていう意味なんだろうなと。

聴いてみたら

まぁ実際に聴く前は色々思っていたんですけども、これが実際に聴いてみるとアルバムとしては意外と(失礼!)綺麗にまとまっているっていうのかな。とっちらかった印象はなかったです。ほんとにシングル曲連続でもあんまり違和感がない。

 

でもね収録時間が60分超えているんであたくし的にはリピートするのが大変というか1回通して聴くとお腹一杯になっちゃう。

 

映画なんかもそうなんだけどちょっと短めで物足りないくらいがリピートするにはちょうどいいんだよね。

今回も? 

サウンド的にはEDMでいいのかな今回も。

 

モーニング娘。はこれで行きますよ」

 

っていう旗印というのかな、そういうのはあった方がわかりやすいので、記号としてEDMは良いと思う。ただ音としては、ぶっちゃけ意外性っていうのはもうない(失礼!)。なのでそろそろ食傷気味でもあったりします。

 

制作費的なこととかもあるのかもしれないけれどEDM推しでいくなら先行シングル2曲とアルバム曲のオリジナルカラオケ、インストを別ディスクで付けるとか、拘ってる姿勢ってのがあると嬉しいわね。

 

あとは逆に先行シングル2曲で「またEDMか」と思わせておいてアルバムでは生音に差し替えるとかね、サプライズ的なことがそろそろあってもいい年頃。

誰が歌っているか 

あたくしはその部分にはあんまり興味がないというか。あくまでリリース時のモーニング娘。というグループをパッケージにしたものだと思うので。

 

その楽曲がライブで歌われる時に、レコーディング時のメンバーが在籍しているとも限らんしね。ハロプロの場合、やらかしていきなり卒業とかよくあるしね(失礼!)。

あとは 

単純にキラキラ感が足りないというのかな。あたくしのいうキラキラ感というのは一時よく言われていた多幸感ではなくて、

 

「休日の朝、目が覚めてカーテンを開けた時に眼に映る空の青さ」

 

っていうのかしらね。そういうのがなくてどうもアルバムのイメージ、印象が

 

「仕事終わり、遅くなった帰宅時間。駅からの帰り道。誰もいない部屋」

 

っていう感じなのよね。まぁ「J-POP=時代の流行歌」とすれば時代の閉塞感なんてちょっとオーバーだけど急いで帰ったところで明かりの灯っていない部屋が待っているだけみたいなね、そういう空気を詰め込んだって言われたら信じちゃうような雰囲気。

 

まぁそれが悪いのかっていうとそうでもなくて。ただちょっと空気が重いかもしれない。

まとめると 

一言でまとめると

 

「悪くない」

 

これに尽きる。尽きます。別の言い方すると

 

「なんか足りないんだよね(失礼!)」

 

になっちゃうんだけど。作り手としては

 

「あちらでもなくそちらでもなくこちらでしょ!」

 

っていう落としどころ、着地点なんだろうけども受け取る側として、それが面白いかどうかっていうのはまったく別の話だったりしますよね。まぁそんな感じでございます、はい。

 

しつこいようだけど全然「悪くない」んですよ、新アルバム。

 

人数多過ぎ、かといって誰か卒業してほしいわけでもないのよね。

劇場版「ガールズ&パンツァー 最終章」第3話を観てきたので感想とか(ネタバレなし)

おつかれさまです。

可能であれば 

いやなんといってももう第2話がどんな話だったか忘れてしまっているのですが、第3話、とっても楽しかったです。

 

まぁできたら「前回までのガールズ&パンツァー最終章」ってあらすじは入れてほしかったんだけどね。尺も稼げるし(失礼!)。みんな前回どんな終わり方だったかもう忘れてたでしょ、ぶっちゃけ。

 

そんなもんで結構唐突に始まる感じでしたね。緊張感があるといえばそうなんだけどね。

ヌルヌル動く 

youtubeで冒頭の映像が公開されているのでご覧になっている方も多いと思うのですけれど、

www.youtube.com

とにかくヌルヌル動きます。動き回ります。4dxやmx4dではないけれど座席がガクガクブルブルしてるんじゃないかと錯覚するくらいに没入感があります。

 

ただ実際、森林のなかをあの速度で移動していたら、そのあたりの樹木に突っ込んじゃうだろうってのはあるんです。でもそんなことは気にならないくらいのカッコよさ。キレキレのカメラアングル。これは楽しい。公開を待った甲斐がありますよ。ぜひとも大画面での鑑賞をお勧めします。

で、一方 

上映開始早々のハイテンションな映像が続くので序盤の知波単対大洗戦が終了しますと中盤は良く言えばまったり、悪く言えば消化試合的な場面が続きます。

 

上映時間が約50分だから、実時間としてそんなにダレている(失礼!)時間ってのはないんですけども、なんといっても序盤に大盛り上がりの見せ場を持ってきているから、そのあとガクッとテンションが下がる印象は否めない。

 

そこがなければね素晴らしいと思います。

とは言え 

最後は手堅く「そこで終わり?!」というおいしい終わり方で次回、第4話への期待を膨らませてくれます。はてさて第4話の公開はいつになることやら。。。

www.youtube.com

予告がね、またいいんですよ。

www.youtube.com

というかですね

www.youtube.com

え?!ここまで出しちゃっていいんですかってなくらいの上映中PV継続高校ver.

www.youtube.com

主題歌もいいです!!

 

某アニメのために「xiaomi mi band 5」を買ってみたよ

おつかれさまです。

某アニメのために 

今回は健康のために、ではなくてですね、とあるアニメ絡みでこのスマートバンドを買ってみた次第でございます。そんなわけで機能とか着装感とか、そのあたりのレポートではないのであらかじめご了承ください。

購入したもの 

手っ取り早く一式Amazonさんで揃えました。

 

①Xiaomi mi band 5 グローバル版 3600円(税込)

②Geeric Xiaomi mi band 5 対応バンド 1199円(税込)

③【5枚セット】TALENANA Xiaomi mi band 5 フィルム 899 円(税込)

 

f:id:siro_touch:20210403192200j:plain

右から①mi band 5 ②バンド ③保護フィルム 以上三点でございます。

なんでグローバル版? 

国内版も発売していたのですけれど日本語仕様はちょっとだけお値段が高くなります。まぁその差、1000円くらいなのでパッと見の表示が日本語の方が直感的にわかりやすい、そのあたりを希望されるのであれば国内版を購入された方がいいかもしれないです。

 

ただ国内版に関しては今回のアニメ絡みでの仕様変更ができるのか確認ができなかったので、その点ご留意ください。

対応バンド 

今回は金属バンドに変更したくて別売りのバンドを購入しました。バンドの調節器具付属でこの値段なので良心的かな、と。時計の調節器具をすでにお持ちの方は逆に割高になってしまうのかな。

f:id:siro_touch:20210403192604j:plain

まぁ日本国内でこの価格だから海外サイトではいったいおいくら万円?なんだと考えるとあまり細かいことは気にしない方がいいかも。

 

英語ですがバンドの長さ調節のマニュアルもついています。

保護フィルム 

本体自体があまり高価ではないので保護フィルムが必要かどうか迷うところですが、一応見映えを気にして購入。5枚入りなので不器用な方も安心。

 

実際1枚目はまんまと失敗してしまいました。液晶画面ちょうどに貼らないと保護フィルムの端の方が浮いてしまって、そこが袖に触れて徐々に剝がれてきてしまう。正確な位置にきちんと貼ることができれば、そういったことはないので大丈夫です。

 

3600円の本体に5枚入りとはいえ899円の保護フィルムは割高な感じもします。貼るのが面倒くさい方はガンガン使って液晶が傷ついたら本体ごと買い換えた方が楽な気も。

というわけで完成 

スマホにmi band 5 用のフェイスアプリを入れて表示画面を同期するとできあがり。ちなみにグローバル版でもスマホに入れるmiアプリは日本語なので言語的には問題はありません。(フェイスアプリは英語だけど難しくはないので感覚的にわかります)。

エヴァンゲリオンの表示画面だよ!

f:id:siro_touch:20210403193009j:plain

写真が下手ですいません。。。

惣流?式波?細けえことはいいんだよ的な仕様でございます。本当はマリさんがよかったんだけど画像が見当たりませんでした。時期的には名探偵コナン仕様もよかったかもしれない。。。

 

 

 

手の欲しい方はこちらもどうぞ 1200円(税込)でございます!!

『閃光のハサウェイ』主題歌が[Alexandros]の歌う「閃光」に決定!

おつかれさまです。

[Alexandros]といえば 

最近ではドラマ「ウチの娘は彼氏ができない」での漱石

f:id:siro_touch:20210330222510p:plain

引用元https://www.ntv.co.jp/uchikare/chart/

のあの御方、川上洋平さんがヴォーカルを務めるバンドでお馴染みでございますが、今回はドラマのお話ではなくて機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイのタイアップ曲の完全生産定盤のことなんです。

プラモデル同梱だよ!

なんといっても目玉は完全限定生産盤の仕様。この盤だけがクスイ―ガンダムのCDジャケット。

f:id:siro_touch:20210330222626j:plain

引用元https://amzn.to/3rvUnul

しかもだ、「HG 1/144 RX-78-2 GUNDAM Ver. [Alexandros]」オリジナル・ガンプラ同梱ですよ。

f:id:siro_touch:20210330222703j:plain

引用元https://amzn.to/3rvUnul

え?!そこはクスイ―ガンダムつけろよって?!う~んごもっとも。ジャケットだけじゃなくてね。ほんとそう。意味わからないわよね、確かに。

といっている間にも 

そんなことをブツブツ言っている間にもですね、各サイトでは次々続々と完売しているじゃないですか。みんな、そんなに「HG 1/144 RX-78-2 GUNDAM Ver. [Alexandros]」オリジナル・ガンプラが欲しいのか?!でも画像みたらちょっとカッコいいよね。クスイ―ガンダムじゃないのは残念だけどね。これはこれでカッコいい。

 

もちろん、Amazonさんも完売。再入荷の見込みは立っておりませんとのこと。え~5月5日発売なのにもう完売って。。。

f:id:siro_touch:20210330223203p:plain

引用元http://gundam-hathaway.net/news.php?id=18545

f:id:siro_touch:20210330223431p:plain

引用元http://gundam-hathaway.net/news.php?id=18545

3形態のうちいちばん高い完全生産限定盤のみ完売とかガンプラさんパワー!!炸裂っていう感じかしらね。それにしても早すぎでしょなくなるの。

www.youtube.com

ギギちゃん!!

TVアニメ「裏世界ピクニック」第十話の感想とか

おつかれさまです。

お肉好き好き 

今回はなにかありそうで結局なにもないパターンといいますか、ほとんど毎回そうじゃね?といわれればそんな気もするし。まぁ簡単に言ってしまうと焼肉屋さんに行くのに道に迷った後輩を探しにいく話。

物語は 

焼肉を食べに行くことになった紙越空魚と仁科鳥子と小桜だが、そもそもは瀬戸茜理の思いつきらしい。待ち合わせ場所のビルの前にいた仁科鳥子の話だと瀬戸茜理は席を確保しに先にエレベーターで行っているという。

 

唐突に瀬戸茜理からの電話があり、どうやら焼肉屋が見つからない。というより話を聞いていると、このビルが裏世界への入口になっていたのか瀬戸茜理は途中の中間領域に迷い込んでしまったようだ。

 

紙越空魚と仁科鳥子、そして合流した小桜は瀬戸茜理がいると思われる5階へ急行する。

 

5階で瀬戸茜理を見つけた紙越空魚たち。瀬戸茜理の話によると先を歩く紙越空魚の姿を追いかけていたという。瀬戸茜理が正気にかえりホッとしたのも束の間、通路の奥から何者かが迫ってくる。

 

全力疾走でエレベーターに戻り、脱出をする四人。扉の向こうに閏間冴月が現れるが紙越空魚は仁科鳥子の左手を借りて撃退したところで気を失ってしまう。気がつくと四人は10階の焼肉屋に向かうエレベーターのなかで倒れていたのだった。

え?!これだけ?! 

う~ん、物語っていうかこれだけでしたね、今回は。正味20分弱のTVアニメとはいえ、この内容のなさはちょっとどうなんだろうと。

 

仁科鳥子が瀬戸茜理に連絡先をあっさり教えてしまったことにちょっぴりジェラシーな紙越空魚とか、いちばん怖がりなのにいざとなったら自分をおいて逃げろという小桜の心意気とかそういう、ちょっとオーバーな言い方すると人情の機微とでも申しましょうか。そいういうのをニヤニヤしながら楽しむ回だったのかな。

 

エピソードそのものは、ちょっとホラー系としては酷すぎない?(失礼!)。原作の焼肉屋エピソードは読んでいないのですけれど、原作のエッセンスを見事なまでに映像化できていないであろうことは想像に難くない。

 

いくらなんでも後輩を追いかけて行って捕まえたら、今度は何だかわからない煙に追われてエレベーターに飛び込んで

 

「はい、脱出成功!焼肉屋到着!」

 

これはないんじゃないの(失礼!)。

何がしたかったの? 

今回は瀬戸茜理救出という大義がすべて。そんなわけでミッションコンプリートなわけだから細けえことはいいんだよ!ってことなのかもしれないけど、シリーズ全体を通して見た時に、今回の物語は必要なの?って話よね。

 

正直、これあってもなくてもどうでもいいエピソードでしょ(失礼!)。結局のところ「閏間冴月」で匂わせ、ずっと引っ張っているけど核心に近づくわけでもないし第一話からブラブラしているだけで何やってんだっていうね。

 

もう第十話なんだから、そろそろ伏線回収に入れよ。これじゃドリフのコントばりに毎回

 

「空魚!うしろ!うしろ!」

 

ってパターンやってるだけやんけ。いや寧ろそれがやりたいのかもしれないけどね。。。

 

まったく進んでいるように見えない紙越空魚と仁科鳥子の関係。匂わせばかりの閏間冴月、そして謎というにはあまりにもほったらかしの怪異と裏世界。毎週毎週何やってんだ、なんてね。

もうちょっと 

まぁあとね、もうちょっと何とかならんのかなぁというのは怪異のキャラクターデザインね。難しいのはわかります。得体のしれない存在を画にしないといけないわけだからね。

 

ただ今回の煙とかさ、見るからに銃でどうにかなる相手じゃないのに、結局エレベーターに逃げ込んだ時には銃を連射して撃退しているわけですよ。煙が実体化したならエレベーターの扉に挟まれた時にそのまま閉まらないだろうと。逆に実体化してないなら銃は意味ないし。

 

そのあたり原作ではどういう描写なんだろう。いやこれはTVアニメという映像作品として、きちんと説得力を持たせなきゃいけないんだから原作頼みしちゃダメでしょう。

 

元が漫画、コミック版なら「画を動かしました」でいいけど原作が小説なら多かれ少なかれ

 

「これじゃねぇ!」

 

っていう批判はあるわけで、そりゃ予算とか縛りはあるだろうけど原作の知名度に頼らない説得力ってのを作っていかないといけないんじゃないかと思うのよね。

 

それがアニメ化の意義というかさ、わざわざアニメ化したんだからそこまでやった方がいいんじゃないのかしらん。もったいないよね。

 

個人的には左の方(上巻)の方が好みです。

f:id:siro_touch:20210328233906p:plain

引用元https://amzn.to/3m054En

ちょっとあざといわよね(失礼!)。

TVアニメ「裏世界ピクニック」第九話の感想とか

おつかれさまです。

今までで 

今回のお話がシリーズ中いちばん怖かったわね。まぁあたくしにとってはですけども。忍びよる恐怖とか怪異とか全然そんな感じでもないんだけど、今まででいちばん恐ろしく感じたのは何でなのかしらね。

物語は 

小桜から急ぎの呼び出しを受けた紙越空魚と仁科鳥子。小桜邸には瀬戸茜理がいた。どうやら大学では紙越空魚に声がかけにくく、小桜を頼ってきたようだ。

 

相談の内容は、瀬戸茜理の幼馴染、市川夏紀ことなっつんの遭遇した怪異についてだった。庭に現れた猿から「サンヌキカノ」という老婆に渡すようにと歯をもらったという。

 

紙越空魚によるとそれは有名なネットロアで、「サンヌキカノ」に歯を渡すと交換に歯をもらうので今度はそれを埋める。ネットロア自体はそこで終わりなのだが、どうやらなっつんは猿からもらった歯を捨ててしまったらしい。そしてその後は諸々の怪異に悩まされているとのことだった。

 

紙越空魚と仁科鳥子、瀬戸茜理はなっつんのもとを訪れる。庭木の根元に、骨壺が埋められており、中には無数の人間の歯が入れられていた。他にも首のない犬の骨や神棚が庭から見つかった。誰かに呪いをかけられているようだ。

 

そこに「サンヌキカノ」を名乗る老婆が現れる。抵抗したなっつん、瀬戸茜理は歯を抜かれてしまう。紙越空魚の眼で見つめられた瀬戸茜理は狂暴化し「サンヌキカノ」を殴り続け消滅させてしまう。

で、何処が怖いの?!

まぁそういわれちゃうとそうなんだけどね。今までの怪異にくらべると「老婆」や「歯」っていうのが妙にリアリティがあるっていうのかな。あたくしの経験値のなかに気味の悪いものとしてポジショニングされているというかね。

 

話の通じないお婆さんに歯を抜かれるとか考えただけでも怖いわよね。で、今までは

 

「裏世界に行って怖い体験したよね」

 

って感じだったけれど今回は違う、こちらの世界に出てきているわけですよ。こちらが主戦場。現実世界に出てこられちゃこちとら逃げようがないわけですよ。

 

まぁアニメとして観たらね、そんなに熱量のある作画ではないんで(失礼!)異次元の怪異を感じるようなものはないんですけども、怪異の設定の妙といいますか「老婆」にしても「歯」にしても自分の現実世界に存在するものだからね。いつあたくしにも同様の怪異に襲われるかわからないわけだし(そうか?!)。

匂わせ 

で、匂わせというか今回もチラチラと閏間冴月さんの情報が小出しになっているわけですが、瀬戸茜理によると閏間冴月と紙越空魚は似ているらしい。なっつん情報によると閏間冴月は気味の悪い女という印象でしたが、それに似ていると言われてしまった紙越空魚。呆然と見つめる仁科鳥子と小桜。

 

なんだろう、「そういえば、言われてみれば」って感じなのかしらね。でも今のところ出てくる閏間冴月のシルエットだと紙越空魚よりももっと大人っぽい雰囲気よね。ああ、瀬戸茜理曰く雰囲気や体形は全然違うらしいけど。いやそれじゃ全然似てないんじゃないの?!って気もいたしますです、はい。

全然ダメ! 

で、今回めっちゃ怖かった(そうか?!)のに最後台無しにしてくれたのは良くも悪くも「歯」。瀬戸茜理の抜けた歯が最後、もとに戻ってメデタシメデタシなんだけどそりゃないっすよっていう。

 

「歯」はさ、元に戻らないからこそ、そこへのダメージってのが恐怖につながるわけじゃない?そんな簡単に「抜けた歯もくっつきました」なんて言われてもね。そら作り話だんだからそりゃそうだろ!ってなっちゃう。

 

痛みにリアリティを感じていたあたくしがどうかしているみたいじゃないの。これは作品としてガッカリですよ。まぁ原作はどうなっているのか、わからないですけどもいくらアニメだからって適当すぎ。

 

確かに美少女設定の瀬戸茜理ちゃんが歯抜けだったら間抜けだけれど、ホラー系じゃなかったのかよ!なんて思っちゃいますね。

 

いつも裏世界から命からがら脱出してるけども今更ながら描写としては軽いよねぇ、ノーダメージだし。ダメージはダメージとしてカウントしていかないと無敵状態なら恐怖に怯えることはないでしょ、作品の向こう側もこちら側も。

 

現実世界で「歯を抜く」という行為があったわけだから傷跡を残していかないと

 

「どうせまた元に戻るんでしょ」

 

で終わっちゃう。もとに戻せないからこそ人は恐れるわけでさ。ってそんな真面目な話じゃないのかな。。。

 

あら!Amazonさんの限定盤いいわね!

f:id:siro_touch:20210327174311p:plain

引用元https://amzn.to/2PcTdGL


スポンサードリンク