スポンサードリンク

TVドラマ「M-愛すべき人がいて」最終回感想

おつかれさまです。

いよいよ最終回 

仕事が多忙になりすれ違いのマサとアユ。二人の距離はだんだん離れていくわけだけど、この辺りはアユの成長と裏表。いままでアユにとって仕事上、マサの存在は絶対だったけどマサ不在の場数をこなしていくことで自分で自分をプロデュースできる存在になっていく。そしてそれはマサも望んでいたことでもあったりする。

振り返ってみると 

アユのストーリーに見えるけど、こうして最終回、オーラスを迎えて振り返ってみると実は初めから終わりまでずっとMAXマサの物語だった気がせんでもないです、はい。

 

「神に選ばれた存在だ!」

「俺のかけた虹を渡れ!」

 

アユを叱咤激励しながらその実、マサがMAXマサに向けて自分を奮い立たせるために叫んでいたような、ね。そう。これはアユではなくマサの物語だったんじゃないかしら。

どいつもこいつも 

さて、最終回。大団円ともなりますとなぜか今まで嫌がらせをしてきた皆さまが揃いも揃って悪人から善人にwなんでどいつもこいつも改心してやがるんだ、と。悪役は悪役で最後まで悪に徹してほしかったわねぇ。

 

大浜社長、礼香。ともに最後はマサの熱い生きざまに目を覚ましwそれぞれの道を探す旅に出る。まぁ礼香はアユとマサに振り回された犠牲者として可哀そうだったけどね。最後まで報われることもなく去っていくことになるのだけれど、失明していたと思われる右目が手術によって見えるようになったことだけが救いね。

 

そしてアクセルズの面々もアユの歌に救われたと唐突な告白。いくら最終回とはいえご都合主義にもほどがあるw

天馬先生 

アユの歌番組生放送出演に際し、いきなり通路の曲がり角から登場した天馬先生。以前のキメ台詞

 

「アーユー、アユ?」

 

かますものの尺が足りないのか例のテンション爆発芸もなく滑り気味。そしてそっとアユを見守る立場に。最終回なんだからもっとテンション上げてくれよってのが本音よねぇ。。。

最終回の尚樹さん 

尚樹さん、今宵は福山雅治「桜坂」を熱唱。ってavexの楽曲じゃないわよね、確か。どうしちゃったの尚樹さん、っていう。業界人御用達のバーで弾き語りをしながら結局最後までデビューできないままの尚樹さん、立場ないわw

 

でもこれだけ毎週登場していたのだから彼にもきっとモデルとなる人物がいて、彼はちゃんとデビューできたと思いたいわね。

avexレジェンド 

当時の破竹の勢いを考えるとアユとほかのアーティストの辛みが全くないってのも寂しいわね。せっかくリバイバルアルバムもリリースしたのにそこに収録されている面々とはほぼほぼ絡みなしで。

実はドラマと同じでこちらもパロディ?! 完成度は高いけどねw

マサ専務はアユ以外にも手掛けているでしょっていう。実はマサにとってもアユが必要なくなっていく瞬間を描いていかないとマサ物語としてはブレてるわよ。。。

そしてラスト 

アユに

 

「幸せになってほしいか輝いていてほしいか」

 

と問われたマサはアーティストとして神に選ばれたアユには

 

「輝いていてほしい」

 

とこたえる。その後はみなさん、ご承知の通り、ってならないところがなんというか、ドラマとしてももう終わりなの?!っていうのと重なってしまってどうも中途半端。まぁ3枚組ベスト盤でいうとまだ1枚目だからね。。。

ドラマはクライマックスでもまだディスク1枚目の途中やで!! 

 

 

「ここで終わりかい?!」

 

ってのは仕方ないのかしらんwでもこれじゃあたくし泣けないわw

f:id:siro_touch:20200502190918j:plain

引用元https://www.tv-asahi.co.jp/m-ayumasa/cast/

 

siro-touch.hatenablog.com

siro-touch.hatenablog.com

siro-touch.hatenablog.com

siro-touch.hatenablog.com

siro-touch.hatenablog.com

siro-touch.hatenablog.com


 

TVアニメ「本好きの下克上」第二部第四話感想とか

おつかれさまです。

今回のお話は 

正確には第二部十八章。マインちゃんと孤児院のお話。マインちゃんの側仕えになったギル、デリアは孤児院からうまいこと抜け出したので未だ孤児院で過ごしている孤児たちに後ろめたさを感じていた。

 

孤児院の院長室を間借りしているマインちゃんは興味本位から、神の恵み=自分らの残飯を与えに孤児院に向かうが、固く閉ざされた扉を開けたその先で、ゾンビのように食べ物を求め徘徊する孤児たちの様子を見て絶句する。また、汚らわしい孤児に触れられたことから精神的なダメージを受け気絶してしまう。

 

マインちゃんは下町の話をよくするけど、結局マインちゃんが目にしている下町の風景っていうのは中流以上の人々の暮らしなのよね。本来、自称下町であればそういった最下層の人々たちを目にすることもあるはずで、マインちゃんは貴族社会のルールを知らない上に下町の現実にも触れずに恵まれた環境を渡り歩いているだけの、ある種の世間知らずであったりするわね。

 

まぁ世間知らずだからこそ突飛な発想が出てくるわけでしょうけど。

今回の金儲け 

衣食住で手懐けた側仕えたち同様、マインちゃんは孤児たちにも「働かざる者くうべからず」と搾取する側の理論で懐柔していこうとする。

 

孤児たちを救うのに自らが孤児院院長となり金と責任をもつ覚悟があるか、神官長に尋ねられたマインちゃんは「責任はもてねぇし金はつかいたくねぇ」と自らの浅はかさを露呈させる。

 

「革命はインテリが起こす、だから失敗する」とはいいますけれども、このマインちゃんの偽善が痛々しいばかり。なんでも言えばいいってもんじゃないんですよ、マインちゃん!!。

マインちゃんの覚悟とは 

マインちゃんは町に出てルッツに相談するんだけど、またね、ルッツが自分は責任を取る立場じゃないからマインちゃんを焚きつけるわけよwそりゃ自分に火の粉はかからないわけだからいくらでも言えるわよね。

 

すっかりそそのかされたマインちゃん。孤児院にマイン工房孤児院支店を開設して孤児たちの労働力を搾取することを決める。年端もいかない子供たちを集めて肉体労働をさせるとかマインちゃん、ブラックすぎる。しかも万が一、責任問題が発生した場合にそなえてルッツにも共同責任があるようなスタンスでの行動。ちょっといくら特殊な能力でチヤホヤされてきたからって器が小さすぎて呆れたわ。マイン工房孤児院支店とかただのピンハネシステムなのに平気な顔をしている側仕え連中にもがっかりよw

マインちゃんとデリア 

結局マインちゃんは現側仕えであるデリアに対しても衣食住を提供することで囲い込んでいるだけだからお互いに信用していない。それはフランとギルも同様で「デリアは神殿長の部屋にいるから信用するな」という。

 

あなた達ポジションとしたらマインちゃんの三銃士だろうにお互いに疑心暗鬼、自分だけは大丈夫です!ってか。どうもこの作品に出てくるキャラクターは曲者というかいやらしい感じがするわねw

ところで 

あたくし原作未読、第一部未視聴なんですけどこんな解釈で大丈夫なのかしらんw

 

作品の詳細を知りたい方はこちら。Amazonさんで0円ですよ!

牧野真莉愛さん、ノーパソの件

おつかれさまです。

牧野真莉愛さんパソコンを買う 

インスタ情報ですけど牧野真莉愛さんが新しいノーパソを買ったとのことでそのお写真がこちら。

f:id:siro_touch:20200704130819p:plain

引用元https://www.instagram.com/maria_makino.official/

意外ですよね? 何が意外かっていうとこのマークね、林檎マークじゃないこと。メビウスの輪的なこのマークって富士通さんですよね。牧野真莉愛さんといえばiphoneipad pro。お絵描きもしているから当然mac bookかと思いきや富士通。なんでだろう。もしかして学校でWindows推奨とか?!

 

いやそもそも学校行ってるのかって話ですけどwでもそのあたりわからないですよね。あの佐藤優樹さんも大学生だったわけでしょ。事務所はハロヲタ信用してないからねw

 

グループとしてはスケジュールに影響あるはずなのに進学の有無については本人がコメントしないとわからないからね。まぁ学校がわかるとそこで待ち伏せするようなヲタがいるんだろうけどねぇ。

ヲタはプライベートに干渉しないようにしないと 

プライベートな世界まで近づいちゃうとまぁ見なくていいものも見えてきちゃったり、最近だと某太田遥香さんみたいなことになっちゃったりね。あんまりいいことってないですよ。

 

そもそも自由時間ってのがないといい仕事できないでしょ。刑務所じゃあるまいし四六時中監視されてる気分じゃね。踊り子さんはショータイムだけがんばってもらってプライベートの切り売りとかしなくてもいいと思いますよ、ほんと。

で、なんのはなしでしたっけ?! 

あぁノーパソの話でしたよね。ノーパソって書き言葉としては使うんですけど話し言葉としてノーパソっていいます?言わないわよねぇ。今の人はパソコンといえばだいたいノートパソコンを思い浮かべてるでしょ。デスクトップって所有してる人あんまりいないしね。

牧野真莉愛さんとLIFE BOOK 

富士通さんのノートパソコンはLIFE BOOKっていうんですけどこのインスタの画像だと角度のせいかスクエアに見えるわよね。でもさすがに最近のノートパソコンでスクエア液晶ってないと思うんであたくしの気のせいのなのでしょうね。

 

筐体の色にこだわっただけなのかもしれないけれどWindowsノートを選択したことでちょっと安心というか、ただ周りに合わせて林檎製品使ってるわけじゃなくてちゃんと目的に合わせて買っているんですって感じがして少し見直したわ。牧野真莉愛さんって何も考えてなさそうな感じするじゃない?だってこれでmac bookだったら何にも引っかからないもの。

 

手堅いというか質実剛健なイメージじゃない、富士通さんって。もうあんまりTVCMとかもしてないし。ほんとうにビジネス向けというか。印象とかイメージで買うメーカーさんじゃなくなってきた感じがするわよね。

 

CMのきれいなお姉さんは好きですかレベルで某HPdragonfly


HP Elite Dragonfly(CM) SureView

(女優さんが天馬先生に見えるw)個人向けじゃないみたいだけどイメージだけだったらああいうの買いたくなっちゃうわよね。某HPさんは前の鹿児島銀行CM 


【HPビジネスPC導入事例】 株式会社鹿児島銀行

 でもちょっといい感じよね。

そういえば 

カントリーガールズの山木さんもWindowsだったけど、確かsurfaceだったわよね。これはなんとなくわかるのよ。

 

まぁこの富士通さんを選ぶセンスが牧野真莉愛さんの牧野真莉愛さんたる所以なのかもしれないけどねwブレない感じがしてこれはこれで素敵です、はい。

 

直近の御真影

f:id:siro_touch:20200704132210p:plain

引用元https://amzn.to/38xo6uT

TVドラマ「M-愛すべき人がいて」第六話感想

おつかれさまです。

マサとアユの快進撃 

なんだか急に今まで語られていた野望wが次々と現実化してショートカットしすぎというか放送休止していた分カットしているのかわからないけど、何の苦労もなく、いや人気故の不眠不休作業とかそういうのはあるんだけど同期のアクセルズが「これ以上、金は使えない」なんて、まんまストレートな理由で解散させられる一方でアユは順調そのもの。

 

MAXマサみたいな信念をもった熱い上司ってのが実際いたら、うざい一方で頼もしい存在なんだろうねぇ。強引な手法もすべては目的達成のためで自分の利益のためじゃないからね。

 

これが現実社会だと「てめぇの手柄につきあわされちゃかなわねぇ」的な感じで、みんなそれぞれの思惑で動いちゃう。

 

ドラマを観ているとマサさんの力が本当に大きくてアユはほとんど言われたことをやってるだけみたいなw

礼香の快進撃? 

一方でマサに人生の責任をとってもらう礼香はといえば、留守中のマサさん宅に上がり込みハッピーバースデーを歌ったりドラム連打したりとやりたい放題。シリアスな場面のはずなんだけどやればやるほどコント仕様といいますかw

 

マサさんも「礼香の人生の責任はとる」といいながら具体的な行動はとらず歯切れの悪い感じで、礼香ばかりを責めることができない状況。エスカレートしながらも最後はきちんと撤収する礼香。実は案外わかってやってるのかもっていう。

久々登場 輝楽天明 

さて久々登場、稀代の天才プロデューサー 輝楽天明さん。「山は登ってからが大変」とMAXマサに語る。

 

モデルになった小室哲哉さんの当時のインタビュー記事なんて読むと「その時代の『音』というものがあって今は自分の作る音がそこにハマっただけ」といった大量消費で飽きられてしまうという心配に対して謙虚なご様子。

 

「いつかその時がくるけれど意外と長く続く」なんてお話もされていて本当にこの人には「時代」が見えていたのだろうな、と思ってしまいます。ただいつからか自家中毒症というか自分で自分の作る音に飽きてしまって世間から求められているものと違う音に傾倒していったのが良かったのか悪かったのか。

 

劇中でも売上の8割輝楽プロデュースだったところをアユのヒットにより構成比でいうと5割まで落とした話が大浜社長から出てるけどマサさんとアユは輝楽プロデュースのシェアを奪ったわけで勝者の物語であるこのドラマではそのあたりの泥臭いことは語られることはないわけだけどね。輝楽天明物語とかやったら案外受けるような気がするわ。

マサとアユの今後 

礼香の撮影した二人の写真が社内の会議で問題視され、マサ専務は解雇通告を受けてしまう。現実世界ではマサ専務が社長になっているわけで、この事実をもとにしたフィクションドラマもそういったところに落ち着くのはわかっているから「どうする?!どうなる?!」的な心配はまったくないのだけれど有言実行を貫き通してきたマサさんが礼香に対してどう責任を取っていくのか、最終回の見どころはあたくし的にはそこかしらん。

 

マサさんもアユも現役の方だから「終わっちゃう」ラストってのはできないからねぇw

今週のバーテンダー尚樹さん 

今週は野猿の「Be Cool!」を弾き語りしていた尚樹さん。結局なんの伏線でもなんでもなかったのかしらん。

 

ずっと ずっと 時は過ちに気づいているのさ 

いつでも どこでも 愚かな時代 

 

秋元先生の歌詞ですけれどまぁこの時代もそういうことよねwさて次週いよいよ最終回、尚樹さんのデビューはあるのか?!w

f:id:siro_touch:20200502190918j:plain

引用元https://www.tv-asahi.co.jp/m-ayumasa/cast/

 

10周年記念のシングルベスト。3枚組ですけどドラマはまだ1枚目分だけw

TVアニメ「本好きの下克上」第二部第三話感想とか

おつかれさまです。

今回のお話は 

正確には第二部十七章。マインちゃんと側仕えのお話。ギルとデリア、マインちゃんと同じ年頃ながら身分制度故に自分を殺し、側仕えとなっている二人の物語なんです。

f:id:siro_touch:20200703015903p:plain

引用元http://booklove-anime.jp/character/

f:id:siro_touch:20200703015942p:plain

引用元http://booklove-anime.jp/character/

あたくし原作未読だからどういうニュアンスなのかわからないのだけれどちょっとマインちゃんがいやらしい性格に見えてきちゃいました、はい。

マインちゃんのお供 

マインちゃんとお供のルッツ。

f:id:siro_touch:20200703020336p:plain

引用元http://booklove-anime.jp/character/

これがまたあたくしからするとマインちゃんの威を借る狐といいますか。今回神殿に同行してきたわけだけどギルとつまらないことで掴み合いになるのね。

 

で、マインちゃんは暢気に「下町ではやられたらやり返すのが常識。ギルはやられても仕方ない」なんて悟ったようなこと言ってるの。だけどギルがちょっかい出してきたのはそもそもマインちゃんに対してなのよね。それをルッツに攻撃させて平気な顔してるとか上に立つ人間の器じゃないわよw

 

そしてルッツ。ただの平民の分際で神殿に入ってきて暴力沙汰。しかもマインちゃんの名のもとに自分を正当化。育ちが悪すぎるw

 

マインちゃんのいう「下町の常識、神殿の非常識」は管理者にあたるマインちゃん自身の不徳の致すところが露見していただけで「なんなのこの子!」っていうw

マインちゃんの部下の躾 

マインちゃんはギルやデリアに対して衣食住を不自由にさせ、最終的に「働かざる者食うべからず」という当然の理に見せかけた金の力で手懐ける。ぺコリーヌじゃないけどマインちゃんに対しては「ヤバいですね!」と言いたくなっちゃう。

 

結局、特殊な能力で特別扱いされた子供が不幸な身の上の他の子供を衣食住で釣っていいようにこき使う。どうなのこれwギルとデリアみたいな子供がなんとか仕事と食事にありつけて「マイン様~」なんて媚びている姿は見てらんないわww

ベンノさん。。。 

f:id:siro_touch:20200703021241p:plain

引用元http://booklove-anime.jp/character/

デリアが自分の性を売り物としベンノさんの膝の上に尻を乗せてきたときにベンノさんは「俺に花はいらん」なんて言っていたんだけどここはね、まんざらでもなさそうな顔をして大人の見苦しさを見せて欲しかったわ。

 

マインちゃんサイドを聖人君子として描きすぎというかね。ベンノさんがデリアにブヒブヒ言ってマインちゃんを落胆させてほしいし、寧ろマインちゃんをそういう目(どういう目?!)で見ていてほしい。

 

汚い世界ってのを見せつけて、そこから自分の力、特殊な能力じゃなくてひとりのただの少女として汚れた世界を生きていく、その様を、そのドラマを見せてほしいわけ。

 

って一体何を期待しちゃってるのかしら、あたくし。

 

Amazonさんでなんと0円!!!!!

 

siro-touch.hatenablog.com

siro-touch.hatenablog.com

 

またしてもイオンさんで「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」限定クリアファイルもらってきた

おつかれさまです。

またしてもひっそり始まるキャンペーン 

店内の告知POPを見てみると「第二弾」ともなんともかいてないんですけどもこれは一体っていうw

 

4月の公開が延期になってキャンペーン第二弾保留していたけど、9月に公開が決定したのでキャンペーン素材だけ展開しちゃったのかしらん。京アニショップでもグッズ先行発売していたしね。

 

1月の公開を延期して更に4月の公開も延期してってかたちだったからいろんな意味であちこち

 

「もう我慢なんかできないよ逝っちゃいましょう!」

 

って感じかしら(MOTSU先生すいません!)。

そういえば 

ロッテさん、イオンさんキャンペーンサイトどうしたの?!w 前回のキャンペーンサイトのURLが消えているんだけど、せっかくドメイン取得したんだからやりましょうよ!もっとこう派手に。ってそういう作品でもないのはわかります、はい。

お菓子だらけになっちゃうよ 

まぁそんなわけで今回のキャンペーンはクリアファイル1種とノート2種でございます。まぁあたくしチョコパイを一日一個食べることを自分に課している人間なのでお菓子三個お買いあげてクリアファイルかノートおひとつってパターンはまぁ余裕ですが、今回なんとあのガムボトルステッカーがない!というのは相当不評だったのかしらね。。。

というわけで絵柄 

クリアファイルは同一絵柄でA4サイズとA7サイズが一つの袋に同梱されています。

f:id:siro_touch:20200630230320p:plain

引用元http://kyoanishop.com/shop/image_view.html?image=000000001414_NR1rehj.jpg

ノートはちょっと凝っていて表紙裏表紙は地味な感じなんだけど業界でいうところの?表2と表3がイラストになっています。

f:id:siro_touch:20200630230533p:plain

引用元http://kyoanishop.com/shop/image_view.html?image=000000002062

f:id:siro_touch:20200630230655p:plain

引用元http://kyoanishop.com/shop/image_view.html?image=000000002054

ちなみに表1がいわゆる表紙、表2は表紙の裏側、表4が裏表紙、表3が裏表紙の裏側ね。

 

ってまた使いまわしかよ、書下ろし頼むわと思った方は人の苦労についてもう一度考えていただきたいと思います。いやそんな小難しい話じゃないけどさw

 

アニメ雑誌じゃないから版権画のオマケとかちょっと難しいのかしらね。京アニさんだと外部の方に発注しそうにないしね。

ちなみにおすすめのお菓子は

 

東京キャラメルショコラ。おいしいわよ、マジで!

 

宇治抹茶。おもてなしはしませんがおいしわよ、マジで!

イオンさんだと1個バラ売りなんだけど箱入りってあるのかしらん。

 

siro-touch.hatenablog.com

 ちなみに新しい公開日は2020年9月18日(金)です。二度あることは(ry

劇場版「響け!ユーフォニアム」3作イッキ見の感想とか

おつかれさまです。

朝からユーフォ三昧 

先日「届けたいメロディ」だけ観てきたんですけどせっかくなんでちょっとだけチャレンジ精神を発揮しまして

「北宇治高校吹奏楽部へようこそ」

「届けたいメロディ」

「誓いのフィナーレ」の3作連続鑑賞に挑戦してまいりました。最近もTVシリーズのオールナイト上映はありましたけども映画3部作の連続上映というのはなかなか機会がなくて、今回はイオンシネマさんに感謝感謝でございます、はい。

 

なんといっても徹夜じゃなくて日中なのが良いですよね。こういう企画があっても週末仕事帰りのオールナイト上映だと終映後「死にかけ人形」みたいになっちゃいますからね。好きな映画で朝帰りもまぁ楽しいんだけどねw

シネコンチェーンによって検温方法が違う

ちょっと関係ないですけど東宝シネマズさんは検温するのに設置された機械の前に立つと0.1秒くらいで体温が表示されるので

 

「時代は令和。さすがハイテクぅ~w」

 

なんて思ったんですけどイオンシネマさんはハンディタイプだからなのか計測する身体の部位によるものなのかエラー連発。ちょっとあたくしが危険人物みたいじゃないのwそういうとこだよイオンさん!!

 

まぁイオンシネマさんは割引率高いので映画館好き≒映画好きにはありがたい存在ですけれどもこういうところは一発でキメていただかないとちょっとあたくし恥ずかしいじゃないのwwっていうのは自意識過剰かしらね。

 

 

「北宇治高校吹奏楽部へようこそ」 午前9:50上映開始

で、さっそく朝から劇場版第一作目鑑賞。「ライブハウス武道館へようこそ」的な話かと思っちゃうのはもういい加減いい歳の方なんでしょうけども、そんな話じゃなくて主人公、黄前ちゃんの人生リスタートって意味での出発点へようこそってことよね。辿り着いた場所じゃなくてここから始まる物語っていう。

やっぱりこの場面でしょ 

いちばん好きな場面はね、あがた祭りの日に麗奈と久美子の大吉山でのやりとり。

 

久美子「高坂さんのこと。。。」

 麗奈「麗奈!」

久美子「。。。麗奈。。。」

 

ここね。誰でもその他大勢ではなくて特別になりたい願望ってあるじゃない?でもそれを叶えることができるのってほんとうに限られた人だけで、たいていの人にとって大人になるってことは自分が「その他大勢であること」を認めていくことで、麗奈が逆らいたい当たり前にある人の流れっていうのは最終的にそこだったりするんじゃないかしらね。

 

そして次はサンフェスでの立華高校に通う同じ中学の吹奏楽部出身である梓と再会した際のやりとり。でもここではまだ久美子はスタートしていることに気がついただけで自分の始まりについては言及していないというか自覚はない感じ。

 

続いては演奏から外されて悔しさのあまり宇治橋から「うまくなりたい」と絶叫する場面。自分の力不足からきた現状に「悔しくって死にそう」と漏らす久美子。ここで中学時代最後のコンクールがダメ金だったことで悔し涙を流す麗奈をフラッシュバックし、この力こそが強く前へ進もうとする、特別であろうとする気持ちの源泉であることを知る。

 

そして最後は自分自身に納得のいかない香織先輩と麗奈のソロパートをかけた再オーディション。香織先輩に特別な感情をもつ優子から八百長の依頼があり一瞬迷いを見せる麗奈に自分一人でも麗奈の側に立つと宣言する久美子。そこでは「殺されてもいい。だってこれは愛の告白」なんて一味も二味も違う青春ものを見せつけてくれるこの場面ね。もう関西大会とかどうでもよくなっちゃうよw

 

 

 

 「届けたいメロディ」 午後12:20上映開始

「届けたいメロディ」については先日の感想でわりと彼是書いてしまったのですけれどそれ以外には、駅ビルコンサートの場面。なんとか会場に姿を見せたあすかに対し

 

「わたしソロを吹くことになったからしっかり支えて」

 

とスコアブックを渡す晴香。ここは部長と副部長という関係よりも同期の絆っていう感じでカッコいい二人。ソロを無事にこなして安堵の表情と席に戻った時のドヤ顔、晴香部長におどけるあすか。あすかというと何かと香織との関係が話題になりがちだけれど「届けたいメロディ」では晴香に部長としての覚醒を促す存在としてのキーパーソンでもあったりするのよね。

 

ところで映画冒頭で小学生時代のあすかと一緒に帰路につくふたりの少女って香織と晴香なのかしらん。そのあたりは想像におまかせしますっていうところなのかな。

 

前作では香織先輩のために私情であれこれ画策していた優子が、あすか不在に動揺するみんなをまとめ、あすかを支えていこうと晴香が伝える場面では、部長の考えを支持し皆でついていく意思を毅然とした態度で表明し次期部長の器の片鱗をうかがわせている。吉川部長伝説の始まりでもある。

ユーフォっぽい?!

あすかが久美子を「こんなにユーフォっぽい子がいるんだ」と感じていたのは父親が作曲した「響け!ユーフォニアム」という楽曲にある、あたたかくて優しさにあふれているところ。

 

あすかにとってのユーフォニアムは父性でありこの楽曲のやさしさであるのだから、その点に関しては自分は全くユーフォニアムっぽくない、そんな自分の演奏するこの楽曲を自身の欠落した部分をもつ久美子にコテンパンにしてほしい、完全に昇華してほしいと思っていたんだろうねぇ。水管橋の場面はそういった素直なあすかがとても愛おしい。ふだんはやっぱりちょっとクセのあるタイプよね。

 

卒業式の日、あすかは「こういうの苦手だから」と誰にも見つからないようにひとり校舎を後にしようとする。最後の最後までわかったようなことを言ってしまうあすかに久美子が「何もわかってない」と応酬。あすかの処世術を正面から否定し飛び込んでくる久美子にあすかはきっと自分より相応しいはずと「自分にはもう必要ないから」といいながら「響け!ユーフォニアム」のノートを託す。

 

そのあとの

 

久美子「さよならって言いたくないです」

あすか「じゃあ言わない」

あすか「またね」

 

のやりとりは素顔を見せてくれるようになったあすかが久美子に残した社交辞令ではなく本当の心のつながりなんだろうね。

 

siro-touch.hatenablog.com

 

 

「誓いのフィナーレ」 午後14:50上映開始

作品の時間軸でいうと前作の卒業式から一か月くらいしかたっていないわけで急に成長した姿ってのもおかしいし、これはテレビシリーズでじっくりやってほしかったっていうのはあるわね。

久美子との関係 

この作品で久美子と塚本の距離が急に近づいたように見えて違和感があったのだけれど、こうして三作連続して鑑賞してみるとそんなに不自然な感じもしなくて前作から今作までの制作期間と作品内の時間軸の差をうまいことすり合わせていたんだなぁと勝手に納得しておりました。

 

また特別な存在であろうとする麗奈との関係では、今まで圧されていた久美子が実は麗奈の心の孤独にそっと寄り添う、麗奈にとっての特別な存在としてきちんと成長していて、「黄前相談所」なんてあだ名も納得できるようになった。

 

久石奏曰く久美子の「ボケっとした表情に騙されてみんな本音を話してしまう」っていうところね。あのセリフも三作連続鑑賞の視点で考えると物語の始まり、北中時代最後のコンクールでダメ金だった際の麗奈とのやりとり、あの場面まで遡ることができる。

もう一度スタートしたい 

劇中でもすべての始まりとして関西大会演奏前に語られる場面だけれど、1作目に戻ってリスタート、

 

「もう一度、始めるとは?」

 

っていうテーマに回帰していて、没になったサブタイトル「はじまりの朝」を象徴するであろうラストシーンからも富樫明生先生おっしゃるところの「one more try~正直者のテーマ」がまさにドンピシャ。

 

その視点から観ていくと、みなどの場面もどの瞬間も誰かにとっての「はじまり」。自分を再スタートさせる、その瞬間こそ人生を楽しむコツ的な説教臭い気がせんでもないけどもwそこは受け継がれる伝統「悔しくて死にそう」というセリフでニヤリとさせる京アニさんの上手さだよね。本当に痺れます。

 

何かが終わることは何かが始まること。「誓いのフィナーレ」というサブタイトルは「全国大会金賞」を誓った吉川部長と北宇治高校吹奏楽部の今年の結末でもあり「明日からの練習、頑張っていきましょう」という来年の始まりでもあり、「頑張るって何ですか?」と自問自答し続けてきた久石奏にとっての再出発であり、久美子の高校生活最後の全国大会金賞に向けてのスタート地点であり。

シト再生ってか?!w

「悔しくて死にそう」というか「死ぬ度に生まれ変わる」といってもいい。ちょっと大げさにいうと「再生」こそが劇場版「響け!ユーフォニアム」のテーマなのかしらんと思ってしまうほどに強く強く圧し出されてくる。

 

「誓いのフィナーレ」オーラスは久美子の「よろしくお願いします」のセリフで終幕する。これはそう、まさにエンディングでありながらオープニングなのよね。そして時期は未定ではあるけれど続編の制作も決定し、新しい曲が始まるのです。というところで例の事件が起こってしまいこの先はどうなるのかわからない。それでも彼女たちが再スタートしたことだけは確かなんです、はい。

三行でまとめると 

始まり、スタートってのがひとつのテーマで「誓いのフィナーレ」でも奏ちゃんの問いに答えるかたちで「麗奈の悔しく死にそうという思いがわたしの始まり」って再確認するシーンがあるけどそういう意味でずっと続いているんだよねぇ。

次の新作はこちら

f:id:siro_touch:20200628090347p:plain

引用元http://anime-eupho.com/news/?id=397

原作未読のあたくしもこれはかなり楽しみだから原作ファンの良識ある先輩諸兄は脳汁ドバドバなはずw

 

siro-touch.hatenablog.com

 


 


スポンサードリンク